tced-7077

出演者

桜井ユキ 三浦翔平 八木勇征(FANTASTICS) 志田彩良 兼近大樹(EXIT) 杉本哲太ほか
内容

広告代理店で営業として働く34歳の本橋久美子(桜井ユキ)は、もともとコピーライター志望だったが、気づけば接待と新人指導の毎日。
夢も恋も叶わない人生を仕事に没頭して忘れようとしていた。
そんなある日、女手ひとつで育ててくれた母を亡くして以来、唯一の家族として久美子を支え続けてくれた叔父・本橋晃司(杉本哲太)が他界。
しかし、悲しみに打ちひしがれる間もなく、葬儀場に駆けつけた久美子の目には、棺の前で涙を流しながら、ハイテンションでシャンパンコールをするイケメンたちの姿が飛び込んでくる。

呆然とする久美子に声をかけたのは、叔父・晃司の部下だった直樹(三浦翔平)。
そこで久美子は初めて、晃司の経営する店がホストクラブだったことを知る。
そのうえ、直樹から渡された晃司の遺書には、店を久美子に相続させると書いてあったが、久美子は「女の子を騙して金とるホストなんて無理」と嫌悪感を露わにする。

直樹によると、店には“社長”の自分と“代表”のMasato(八木勇征・FANTASTICS)、“総支配人”の如月武蔵(兼近大樹・EXIT)と3人の幹部がいて、誰がオーナーになっても揉めることは必至だという。
そこで、第三者で中立的な立場の久美子が必要だといい、さらに、10年の営業職で培った接待力、ハラスメント耐性、リーダーシップに高い事務処理能力、そのどれもがホストクラブのオーナー向きだと太鼓判を押す。

そうはいっても、これまで“常識の範囲”でフツーに生きてきた久美子にとって、夜の世界に飛び込むことは容易ではない。
とはいえ、パッとしない会社員人生がこの先ずっと続くのか…などと悩んでいたある晩、久美子は歌舞伎町の路上でホストと女性客が言い争っている現場に出くわして…。
発売日

2023年10月4日


Amazon で価格を確認 楽天市場で価格を確認

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ