DRAMANIA-ドラママニアのDVDBOX発売情報-

あのドラマもう一度観たいな!っと思ったら。 人気DVDBOXの発売情報をご紹介

カテゴリ: テレビ朝日

616HcXcYq6L._AC_SY445_

出演者

堀田真由 萩原利久 風間俊介 岡田結実 檀 れいほか
内容

ピアニストになる夢に挫折し、現実から逃れるように東京から神戸に引っ越してきた河野美璃(堀田真由)。
失った夢に縛られ、自分の価値も居場所も見つけられず人生をさまよっている。

そんな美璃が大好きなメロンジュースをきっかけに出会うのが、青木空(萩原利久)。
空は、記憶を失っても今あるがままの自分を受け入れ、どこにでも行けるキッチンカーを拠点に 自由に生きている。
廃墟、誰にも弾かれないピアノ、叶わなかった夢、思い出せない過去など、象徴的に登場する「役に立たないもの」たちと共に、2人の物語は儚くも美しい旋律を奏で始める......
発売日

2024年4月5日


Amazon で価格を確認 楽天市場で価格を確認

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

61Xu7lNKzhL._AC_SX522_

出演者

齊藤京子(日向坂46) 吉沢 悠 櫻井海音 原菜乃華 戸田菜穂 筒井真理子ほか
内容

田舎町のスーパーで働く捻木深愛(齊藤京子)は、毒親である母・捻木美幸(筒井真理子)に抑圧されながら育ったため自己肯定感が低く、自分には何の取り柄もないから、せめて人には優しくしたいという思いで、日々、一生懸命働いていた。
そんな深愛には、スーパーで働くことに楽しみが…スーパーの店長・那須川夏生(吉沢 悠)と不倫関係にあったのだ。

ある日、仕事の後にいつものようにラブホテルで一緒に過ごしていると、那須川から突然、ピアスをプレゼントされる。
ピアスを開けていない深愛だったが、嬉しさのあまり帰宅後、自分でこっそりピアスを開ける。
後日、そのことを知った那須川は戸惑っているようだったが、その直後、那須川から食事に誘われる。
深愛は、初めて那須川と外でデートできることを喜ぶが…そこで突然、那須川から別れを告げられてしまう。
理由は、妻・那須川ふみこ(戸田菜穂)が病気を患ってしまったからで、深愛のせいではないというが、ショックを受ける深愛の耳にはそんな那須川の言葉は入らない。

それ以来、スーパーで那須川は深愛を避けるようにシフトをずらし、深愛が電話をしても留守電で話すこともできない。
「私の何がダメだったんだろう」…ずっと考え続けていた深愛は、ある答えにたどり着く。
「私は、やっぱり…店長と幸せになりたい」。
やがて、そのまっすぐで純粋な深愛の思いが、ひとつの家庭を泥濘へと引きずり込むことに――!
発売日

2024年3月22日


Amazon で価格を確認 楽天市場で価格を確認

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

81G7t99FaKL._AC_SL1500_

出演者

飯豊まりえ 溝端淳平 井上祐貴 YU 若月佑美 早見あかり シシド・カフカ 陣内孝則ほか
内容

カーテンが閉め切られた部屋で、ボサボサ髪、スウェットとTシャツ姿の女性が、無表情にゲームをしている。
彼女は黒目すい(飯豊まりえ)27歳。
漫画家の父・丈治(陣内孝則)と二人で暮らす、10年間ほぼ引きこもりの家事手伝い。

ある日、丈治に連載の打ち切りが告げられる。
編集担当の来栖久美(シシド・カフカ)から、作画はいいが、話が絶望的につまらない、センスが古いと酷評されたが、丈治は生活のために「なんでもやります」とすがりつく。
来栖は丈治に、大ベストセラー作家の公文竜炎(溝端淳平)が原作を書き、丈治が作画を担当する、異色のコラボ作品を提案する。
公文からの条件はただひとつ、すいを主人公のモデルにすることだった。公文の狙いとは一体何なのか!?

そんな時、すいの元に高校時代の同窓会の案内が届く。
実は…引きこもりになった原因は高校時代に引き起こしたバイク事故にあった。
トラウマだらけの思い出に苦悩するすいに、公文は同窓会へ出席するよう説得するのだが…
発売日

2024年2月9日


Amazon で価格を確認 楽天市場で価格を確認

※Blu-rayのみ

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

71tN-vhKBtL._AC_SY445_

出演者

横山 裕 川原瑛都 山本舞香 百田夏菜子 滝藤賢一 イッセー尾形 生瀬勝久ほか
内容

とある街にある昔ながらの佇まい『アパートの清水』――。

そこでは今日も、売れない漫画家・狩野 進(横山 裕)が締め切りを迎えて早々に彼女にフラれるところを同じ階の秋友美月(山本舞香)に冷めた目で目撃され、その騒がしさの中でも、訳あって1人暮らし中の少年・さとうコタロー(川原瑛都)は静かに朝の準備を進めていた。
この春からめでたく小学校に入学したコタロー。
ランドセルを背負い、1人で小学校に通っていく姿を、狩野や美月、そして1階の田丸 勇(生瀬勝久)は頼もしくも少し寂しい気持ちで見送るのだった。

そんなある日、コタローは突然「しょくぎょうくんれん」を始めると言い出す。
美月が働く喫茶店や大家の清水のばーさん(イッセー尾形)、そして親友の岩永 佑(松島 聡)のもとを訪ねては、さまざまなことを学ぼうとするコタロー。
意図がわからず困惑する狩野だったが、その理由が「いつ“優しき者からの寄付”が終わってしまうかわからないので自分の力で生き抜くために手に職をつけたい」というものだと知り、「俺の仕事も手伝ってみるか?」と声をかける。
さっそく締め切り直前の狩野の作業を手伝い始めたコタローだったが、ちょっとしたミスから原稿が台無しになってしまう出来事が…!
焦ったコタローは、そのまま何も言わず原稿とともに姿を消してしまい…?
発売日

2024年2月21日


Amazon で価格を確認 楽天市場で価格を確認

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

71UfNYWguZL._AC_SX342_

出演者

川﨑皇輝 (少年忍者) 鈴木浩介 大東立樹 映美くらら 入山法子 尾上寛之ほか
内容

ひき逃げ事故に遭った高校生・山村陸(川﨑皇輝)は数日後、病室のベッドの上で目を覚ました。
その直後、同室の患者2人――高校教師・桑部辰郎(鈴木浩介)とベテラン声優・川口修吉(平泉 成)に話しかけられ、困惑する。

というのも、陸は事故のせいで意識障害、いわゆる昏睡状態に陥っており、修吉は3年、辰郎は1年以上、同じ状態だったからだ。
“目覚めた”といっても身体を動かすこともできず、3人が意識下で会話をしていることは誰も気づかない。
にもかかわらず、辰郎と修吉は病人とは思えないほど陽気で、陸は彼らの明るいトークに面食らう。

ところが翌朝、陸にとってショックを受ける出来事が起き、陸は自らが“死にたくても生かされて、生きたくても死ぬかもしれない”という危うい状況に置かれていることを痛感する。
そんな中、修吉が口ずさんでいた詩が、彼の娘で詩人の史子(入山法子)の作品であることを知った陸。辰郎は、陸の意識が完全に戻って元の世界に帰ったら、作者である彼女から直接、その詩について教えてもらえばいいというが、陸自身は“ある理由”から目覚めることに対して前向きになれず…!?
その頃、辰郎の息子・佑太(大東立樹)もまた、史子の詩に興味を持って…。
発売日

2024年1月31日


Amazon で価格を確認 楽天市場で価格を確認

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

↑このページのトップヘ