DRAMANIA-ドラママニアのDVDBOX発売情報-

あのドラマもう一度観たいな!っと思ったら。 人気DVDBOXの発売情報をご紹介

タグ:山田涼介

91Ux+tqajxL._AC_SX342_

出演者

山田涼介(Hey! Say! JUMP) 横山 裕 石原さとみ 渡辺いっけい 佐野史郎 片平なぎさほか
内容

新聞配達のアルバイトをしていた田中愛之助(山田涼介)は、袋を背負って走り抜ける大型犬と接触し、転倒。
その衝撃で、左目に、『3つの四角形』『飛び立つ鳩』『袋を背負う犬』『少女の顔』などの映像を見る。

3ヶ月振りに見えた左目映像に、兄・夢人(横山裕)の新たな犯罪計画が動き始めたことを予感した愛之助は、再び夢人の犯罪計画を阻止するため、事件の調査に乗り出す
発売日

2010年5月26日


Amazon で価格を確認 楽天市場で価格を確認

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

51lYJRkaruL._AC_

出演者

山田涼介(Hey! Say! JUMP) 沢村一樹 金子ノブアキ 鈴木杏樹 鈴木京香ほか
内容

ふたりきり、平穏で幸せな生活を送っている…ようにみえる母と息子がいた。
母の息子への望みはいい大学に入って、いい会社に入って稼いでくれること。
「私のために家を買え! 」と心の中で叫び、素敵な母ちゃんを演じる鈴木海(鈴木京香)は、女手ひとつ必死で働きながら、息子を育ててきた。
そして、母ちゃん大好きNEOマザコン高校生・鈴木大地(山田涼介)は、美しい母に言い寄ってくる男を排除しながら、必死で母を喜ばせようと成績優秀・素直で性格良しのカンペキな息子として育ってきた。

ある日、海が新しいパートを始めることに。
しかしそこは、超極悪な生徒揃いと地元では有名な男子高の学食だったのだ!
「キレイな母ちゃんが、あんな男だらけの極悪高校で働くなんてとんでもない! ! 」 危険を感じた大地は「母ちゃんはオレが守る! 」と一大決心!
海が必死で通わせていた有名進学校を勝手に辞め、母と同じ学校に通うことを決意する。
が、カワいい優等生タイプの大地は明らかに狼の檻に放り込まれたかよわき子羊!
襲い掛かる危機はまさにサファリパーク状態! !

そんな学校を舞台に、平穏だった母と子の暮らしと関係はどう変化していくのだろーか! ?
発売日

2012年7月18日


Amazon で価格を確認 楽天市場で価格を確認

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

71j-0DnD9WL._AC_SX466_

出演者

山田涼介 桐谷健太 倉科カナ 木下ほうか 竹中直人 大塚寧々 南 果歩 寺尾 聰ほか
内容

高田優(山田涼介)は、高田総合地所株式会社の社員。

優の父(高嶋政伸)は幼い頃から成績優秀な兄(桐谷健太)に目をかけ寵愛し、優には無関心。
優は父親の愛情に飢えていた。
どうにか父に認められたい…。

ある日、優は一人の女性(倉科カナ)と巡り会う。
出会いは最悪だったが、仕事や思いもよらぬ展開を通して、徐々に彼女に恋愛感情を抱き始める優。
しかし、皮肉にもその女性は…。
複雑な恋愛模様、兄そして父との葛藤の中で、度重なる危機に直面する優が、一人の男として、そして一人の人間として変貌を遂げるべく、今歩み始める…。
発売日

2017年5月10日


Amazon で価格を確認 楽天市場で価格を確認

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

81y4SWYaN1L._AC_SL1500_

出演者

山田涼介 田中 圭 関水 渚 ジェシー(SixTONES)  江口のりこ 六角精児 八嶋智人 椎名桔平ほか
内容

池袋署の刑事課強行犯係に配属されたキャリア刑事の神崎隆一(山田涼介)。

神崎の初出勤日、相棒となる先輩刑事の黒木賢司(田中圭)は無断欠勤をしており、強行犯係の係長・末長(八嶋智人)から行方の分からない黒木を探しだすよう命じられる。
黒木の前夜の動向を調べるとガールズバーを訪れており、店員の女性と店を後にしているが、その後の足取りがまったくつかめない。
そんな矢先、神崎は急ブレーキをかけたであろうタイヤ跡のそばで血の付いた黒木の警察手帳を見つける。
さらに、強行犯係には行方をくらましていた黒木から「誘拐事件に巻き込まれた」と電話が入り…。
発売日

2021年3月31日


Amazon で価格を確認 楽天市場で価格を確認

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

51iK1gIwYWL._AC_

出演者

山田 涼介(Hey! Sαy! JUMP) 川口春奈 有岡大貴(Hey! Sαy! JUMP) 浅利陽介 成宮寛貴 ほか
内容

名探偵・金田一耕助を祖父に持つ金田一はじめ(山田涼介)はお調子者だが、事件が起これば天才的な推理力で解決する高校2年生。

幼なじみで同級生の七瀬美雪(川口春奈)、後輩の佐木竜二(有岡大貴)とともにミステリー研究部に所属している。
ある日、美雪が映画研究部の部長・蔵沢光(神木隆之介)から新作映画のヒロイン役にスカウトされ、主演を務めることに。
しかし、映画研究部には“スコーピオンの呪い"という「『殺人鬼スコーピオン』の制作に関わった人間は死ぬ」という恐ろしい噂があった。
スコーピオンの呪いに興味を持つミステリー研究部部長・真壁誠(浅利陽介)の発案で、はじめたちミステリー研究部の面々も映画研究部の撮影に潜入する。
美雪が抜擢されたことで、主役から降ろされた黒河美穂(岡本あずさ)ら映研部員たちは不満を抱いていた。

そんな中、学校の体育館で映画の撮影がスタート。
カメラがまわったそのとき、舞台の緞帳が上がる。
すると、大量の16ミリフィルムで天井から吊るされた死体が現れる。
死んでいたのは『殺人鬼スコーピオン』の制作に参加していた映研部員だった。
警察の現場検証が行われ、警視庁捜査一課の剣持警部(山口智充)と畠山高徳(宮下純一)は、その部員に深い恨みを抱く者による殺人事件と断定。
“スコーピオンの呪い"は本当だったと怯える映研部員たち。
しかし、蔵沢は映画の撮影を続行すると宣言。
映画の撮影が続く中、第二の殺人が発生してしまう。
次々と部員が殺されているにも関わらず、映画の撮影に執念を燃やす蔵沢。
はじめは、蔵沢が『殺人鬼スコーピオン』に関して何か隠していることがあると考えるが……。
発売日

2015年03月25日


Amazon で価格を確認 楽天市場で価格を確認

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

↑このページのトップヘ